藁ロール

藁ロール
この機械で藁が丸められる

藁ロール
ロールの積み込みにも専用の機械がある

昨日の午後は黒い雲が広がり
風もかなり強くなってきた

稲刈はほとんど終わり
牛の餌になるのか藁がさかんにまるめられてる

藁が片付くと麦まきの準備が始まり
今月末には一面が麦畑に変わってくる

風も北風でかなり冷たく感じる

(2017.11.4撮影)

コメント

三面相

最近は色々と便利なものが出来ていますよね。
堤防の草刈りもこのようにロール状に巻いています。

ヒューマン

おはようございます
農作業も機械化され、効率的になったのでしょうが、後継者問題がありますね

takeomon

おはようございます
機械化が進んでいるのですね
効率が良いのでしょうね、でも
代金がかさむのではと、、、余計な事ですね

imaipo

こんにちは
最近は農家も機械化が進み便利ですが
支払いがと知人が言ってます
北海道などでは牛の肥料用にこの機械を以前から
浸かってるようです。

golfun

今日は
常磐線沿線で田んぼを見る機会もなく
田植えや稲刈りを見る機会もなくなりました。

筑前の国良裕

こんにちは~
ワラの使いみちの多いのに驚きますね。
捨てるところがないという理想的な植物ですね。
そちらの田畑の様子を見るとどこまでも平地で気持ちいいな~と思ってしまいます。
北九州市の平野はとても小さく、家々が山の裾に沿ってせり上がって立ち、圧迫されそうになります(笑)。

大連三世

Re.
三面相さん
これの誕生で酪農の盛んな北海道でサイロが消えたらしいですね。
この辺りで見かけるようになったのはここ数年です。

大連三世

Re.
ヒューマンさん
私の散歩道でも最近は法人化されてきた感がありますよ。
繁忙期に外国人の若者のが働く姿も見かけます。

大連三世

Re.
takeomonさん
こういった大型の機械を個人でしょう揺するのは無理なんでしょうね
農業法人の名前が入った機械ばかりです。

大連三世

Re.
imaipoさん
酪農の盛んな北海道は早くから導入されたようですね。
その反動でサイロが姿を消したようです。
サイロのメンテナンス業者が廃業になってしまったとか。

大連三世

Re.
golfunさん
そうなんですか。
高崎線沿線はまだまだ田んぼがたくさん見られます。
先日久しぶりに新橋まで出かけましたが
大宮に着くまではずーっと田園風景でした。

大連三世

Re.
筑前の国良裕さん
藁を使うものはたくさんありますが
最近は特別に農家さんと契約しないと大部分は
コンバインで丸められてしまい飼料にしか使えない状態になってるような気がします。
畳屋さんなども入手に苦労してるのではないでしょうかね。

まっくんの館

こんばんは
当地では見かけたことがありませんが、お隣の佐賀平野では
この光景を良く目にします。農家も機械化が進んでいますが、
一方此方では棚田も多くあり、段々田畑の棚田での農作用は
機械が入れられず全て手作業のようですね。(^o^)

Saas-Feeの風

藁ロール
Saas-Feeの風の住む場所では藁ロールを見かけませんねえ。
北海道では何度も見たような記憶があります。
どうやってつくるんだろって思ってましたよ。
ご紹介で判明!

大連三世

まっくんさん
棚田は最近では観光地化して、オーナー制度の導入などで
賑わいを見せてますが、大型機械は入りませんね。

大連三世

Re.
Saas-Feeの風さん
この機械も年々進化してますね。
つい最近までは藁をかき集める機械、丸める機械
ビニールで包み込む機械などありましたが
今は一台の機械でできてるようです。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。