• ↑ 寿三番叟↑ 人形芝居 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段下牧人形浄瑠璃は、みなかみ町で伝承されている三人遣いの人形芝居元禄年間(江戸時代)に、始まりその後明治8年に上方の人形遣いである吉田勘十が村に滞在した際に本格的な人形の遣い方などを詳しく伝授されたといわれる舞台の引き幕に吉田家の家紋である十六菊が染め出さていることなどから勘十との関わりは深かったと推測される人形のカシラがかなり大き目であることが特色... 続きを読む

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。