季節の移ろいを肌に感じながら散歩を楽しんでます。

# 気ままにテクテクと

# プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。

# 散歩の友

# 今日はこんな日です

# カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# メールはこちらからどうぞ

返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

# 最新記事

# 検索フォーム

# アクセス数

2016年8月12日以降


Update 2013.10.12 

#  中之条ビエンナーレ2

The Cabbage field~ploy-p~
The Cabbage fieldkara~poly-p~

時灯
時灯

慧


見えない記憶
見えない記憶

こずえが世界と出会うところ
こずえが世界と出会うところ

三十三畳の世界
三十三畳の世界から

彼方
彼方

中之条ビエンナーレはこの三連休で終わりです
中之条伊参(いさま)エリアへ行ってきました

以下はガイドブックから作品の紹介です

「The Cabbage fieldkara~poly-p~」
キャベツ畑と共に自然と人々の暮らしの縮図を表現した

「時灯」
中之条に降り注ぐ光は、作品というフィルターを
通して伊参スタジオを照らしています

「慧」
ヒトの知恵により、多くの「モノ」や「コト」を手に入れてきた
そして失ってきた
我々は何処へ向かうのだろうか

「見えない記憶」
過ぎた時間の余韻を時間と手間を掛けて
何もない倉庫の中に時間を重ねてみた

「こずえが世界と出会うところ」
森は未知なる世界の入り口、誘い
作品はまだ見ぬ自分の中の自然へと導いてくれるのかも知れません

「三十三畳の世界から」
過去に書かれた襖絵の鳥を手がかりに
三十三畳の空間に漂う記憶を辿ってみました

「彼方」
遠い世界は思いの外
近くにあるものです
彼方を想いどこへ向かうのでしょうか


ビエンナーレの作品は古い倉庫や
廃校の教室
旧家の部屋
取り壊し直前の廃屋などに
展示されていますから
現地で観ないとわからないですよね

もっとも現地で観ても作者さんには
申し訳ないのですが
理解できない作品があります

今日は作者さんがいましたので
直接お話を聞くことも出来ました

(2013.10.12)

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ