古代の群馬は東国文化の中心地? ( 2013-08-01 )

東国文化副読本 

挂甲の武人埴輪(国宝) 
挂甲の武人{国宝の埴輪) 

我が群馬県はこのところ知名度、認知度
ワースト県と言われています

日ごろから群馬県には古墳が
すごく多いなと感じていました

最近中学生の参考書
「東国文化副読本」が市販されていることを知り
早速買ってきました

これによれば

旧石器時代(3万年ほど前)の日本は
火山活動が盛んで人は住んでなかったと言われていた
日本の歴史が群馬県みどり市の「岩宿遺跡」の発見により
日本にも旧跡時代があったことが証明されました

また多くの古墳の発掘により
4世紀以降の古墳時代には
畿内のヤマト王権と深く連携した
大きな勢力が存在し、仏教や文字文化が発達し
経済的にも文化的にも当時の東日本をリードする
先進的な地域であったことがわかってきた

とあります

県内には8000以上の古墳が確認されていて
埴輪としては唯一の国宝
「挂甲の武人」は太田市の古墳から発掘されました

古代から軍事、農業に欠かせない
馬の飼育が盛んだったことが県名の
由来でもあるようです

今の群馬県と違って
古代には畿内のヤマト王権に次ぐ
有力な地域だったようです

(2013.8.1)








テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

たしかに、特に関西から出たことのない人は、東京以外の関東の県はどの位置にあるのか、ほとんど知らないでしょうね・・・
いかちゃんは東京で4年、関東エリアを担当しましたのでその時に知りましたが・・・
でも、今では空白の地図に県名を入れたら間違うかも・・・ありゃぁ~~~

おはようございます

確かに関東は広くて東京は別格で
他はあまり知られてないでしょうね
知人は古墳などが好きで群馬県なども
まわってると思います。

おはようございます

古墳があったということが豪族が住んでいたということですね。
当時の力は、軍事力というよりも食料の確保ができるかどうかだったのでしょうね

No title

関東にも素晴しい文化があったんですが関西を中心に歴史の研究がすすんだために一般的にはあまり知られてないのでしょうね。
関東の周辺にも凄いものがたくさんあるんですよね。

お早う御座います~

群馬県と言われても栃木県とよく間違います。
畿内のヤマト王権の事は習いましたが群馬に大きな勢力が存在していたとは知りませんでした。

No title

歴史に疎いタケですが、関東でも内陸の方が、
歴史を持っているのですね
東京などは海だったのかもしれません

今日は

調査会社はわからないが茨城、栃木、千葉、群馬は
魅力の無い県のようですね。
宣伝が足りないのでしょうか?

No title

いかちゃん
そんなものかもしれませんね。
でもどういう訳か北関東3県が仲良く
ワースト3なんて調査もあるらしいですよ。

No title

Imaipoさん
考古学の好きな方には魅力ある土地のようです。
つい最近は榛名山の大噴火による被災者で
甲を着けた古代人が発掘されて話題になりました。

No title

ヒューマンさん
発掘される古墳の周辺には集落跡、古代の水田跡も確認され稲作が盛んだったようです。
すでに農耕には馬が使用されていたのでしょうね。

No title

三面相さん
古墳があまりにも多く発掘調査が進んだのかもしれません。
また岩宿遺跡の関東ローム層から石器が発掘されたことで、ますます関心が高まったのだと思います。

No title

ma_kun さん
東国文化の様子がはっきりしてきたのは
最近のことらしいですよ。
ヤマト王国は畿内説が有名ですが未だに
確定はされていないようですからこれからまた
新たな展開になるかもしれませんね。

No title

そうですね。
東京は海だった可能性は大きいですよね。
群馬でもアンモナイトの化石があったりしますから
何処まで海だったか興味ありますね。

No title

Golfunさん
どうしてでしょうね。
北関東三県のワーストランキングが
最近よく話題になってますよね。
ふるさと大分県もあまり有名ではないようです。

不勉強の所為!

我等東北生まれの人間は中国地方が分かりません
どっちが島根で どっちが鳥取?
又この地方の人達 秋田はどこで新潟は???
生まれ育った秋田でも 最近市区町村名が変わって、
ジージにも分かりまシェ~~ン!

No title

湘南ジージさん
島根、鳥取の方には申し訳ありませんが
私もどっちがどっちか定かでないですよ。
更に鳥取? 取鳥?
合併で親しんだ地名が消えるのも寂しいですね。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数