きりえによる戦争を忘れない展 - - 前橋文学館 - - ( 2013-07-26 )

戦争を忘れない展 

戦争を忘れない展 

群馬きりえの会代表の
飯塚先生のきりえによる
戦争を忘れない展が開かれています

戦争が終わり69年

急激な復興を遂げた我が国も
バブルの時代が過ぎ去り
何を生き甲斐にすればいいのか
 閉塞感漂うこの頃です

私は戦中生まれではありますが
戦争をほとんど知らない世代です

近隣諸国との関係もぎくしゃくし始めて
歴史認識が問題視されていますが
私自身の歴史認識もあやふやなものです

改めて先輩たちの記憶を辿り
2度とこのようなことが起きないよう
起こさないよう努めたいですね

憲法改正の是非を真剣に考えねばならない
時が来てるようです

正しい判断が出来るよう
改めて「日本国憲法」を読んでいます
皆さんも読んでみませんか

憲法の改正は国会議員では決められません
国民投票で決められます
棄権するわけにはいきません

テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

また今年も終戦記念日が、そろそろきますね・・・
もう負けが決まってからの、特攻とか、沖縄戦で
多くの犠牲者がでましたが、その後すぐに終戦!
幕引きのタイミングが遅すぎましたね。

おはようございます

うぅ~~~ん、難しい問題ですね、
いかちゃんは強い日本を希望しますが
もう我々が判断するより、将来の若者に真剣な論議を委ねたいですね・・・

おはようございます

隠れたベストセラーになってるようです
日本国憲法が皆さん読まれてる方も多いようです
戦争はいやですが日本を国土を国民を守る姿勢が
もっと出しても良いと思ってます。

お早う御座います~

ma_kunも戦争は親から聞いた事ぐらいで知らない世代です。
憲法改正は国民投票で決まられますね。
それまでに「日本国憲法」を読んでみないといけないですね。
「終戦のエンペラー」も一見の価値がありそうですね。

No title

戦争体験と云うほどではありませんが、
田舎育ちでも、防空壕に入ったり、
離れている工場に爆弾を落とされたりと
恐怖を覚えています
九条は変えるべきではないです

No title

私達の親達の事を想う時
色んな面で苦労してきた人達だっただろうと
時折り思う事があります、
小学校入学した頃の学用品など、現在の孫達の
物を見てふっと想い出します。

貴重な活動ですね

終戦から70年近くにもなると戦争語り部の方も
少なくなってきましたね。
平和ボケにならないよう私もあらためて憲法を
読み返してみます。

こんばんは

二度と戦争は起してほしくないですが
侵略された場合は国を守ることも
大事で 難しい問題ですね

No title

北の旅人さん
前橋市の空襲は広島原爆の前日8月5の午前中だったそうです。
お隣の高崎市では14日で終戦の日はまだ
被災地には煙が立ちこめてたそうです。

No title

いかちゃん
何もかもつけを次世代に送るのもなんだか
気が咎めます。

No title

Imaipoさん
何を目的にすればいいのか
つかみずら維持台で無関心になってしまうのかもしれませんね。

No title

ma_kun さん
「終戦のエンペラー」は見て見たいですね。
その前に避暑をかねて「風立ちぬ」を見てこようと思ってます。
零戦の設計者が地元群馬の人だったとは知りませんでした。

No title

takeomonさん
私は逃げ惑った話は聞いたことがありません。
大連市は攻撃されることはなかったようですね。
終戦まぎわは、本土攻撃が多かったのでしょうね。
2度と起こしてはいけない戦争です。

No title

hohsi さん
僅か70年しか経っていないのですが
この変わり様はすごいですね。
私たちも小学校へは下駄、草履で着物の子もいたように記憶します。

No title

やま悠作さん
この70年の変わり様はすごいですね。
こうした悲惨な経験は忘れてしまった方がいいような気もしますが
2度の起こしてはいけないということからは、語り継いでいかなければならないことなんでしょうね。

No title

熊取のおっちゃん
こんばんは
そうですよね。
最近の中国の行動は威嚇にも見えますよね。
日本を侵略者というならば反面教師として
侵略をしてはならないことが理解できないのでしょうかね。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数