山菜採り

下刈り間伐でスッキリした杉林
下刈りと間伐ですっかり様変わりした杉林 

山椒の芽吹き 
ありました 山椒の木

山菜の女王 シドケ 
東北の方が山菜の王様と呼ぶシドケ

山菜の収穫 
今日の収穫 左から野蒜、ゼンマイ、シドケ、山椒の芽

山椒の新芽 
山椒の芽これだけ採れました

GWはやや風はあるものの好天でスタートです
特別に計画があるわけでもなく
気ままにすごしています

午後になって山菜採りに出かけました

この時期カミさんが山椒の芽を集めて
佃煮にしています

何時もの山に出かけたところ
下刈りと間伐で山の様子がすっかり変わっています

山椒の木も無くなってるようです

諦めきれず間伐されていないところへ入ってみます

しばらく探してるとありました、ありました

山椒の新芽が輝いて見えます

足元には東北地方の人々が
山菜の王様と呼ぶシドケもあります

一時は諦めた山椒が採取できて満足の一日でした

野蒜はお味噌で
シドケはおひたしで早速いただきました
春の香りがいっぱいです

コメント

Imaipo 

お早うございます、
山や木にとっては下刈りは必要でしょうが
山菜積みには困りますね、たくさんの収穫で
良かったですね、美味しい佃煮が食べられそうですね。

三面相

No title
シドケ が解らないです。
王様と呼ぶからには素晴らしいんでしょうね。

ヒューマン

おはようございます
山菜、おいしそうですね。今が季節なのですね
間伐 これがまた大変なコストだそうです。
里山を維持するためには必要なのですね

湘南ジージ

No title
田舎に住んでた小・中学生の頃、藁で編んだ袋を肩に掛け、山菜取りに行った想い出です
平和な時代でしたね!

Golfun

お早うございます
今は山菜が沢山撮れますね。
昨夜は山椒の芽をタケノコとの味噌和えでした。
香りがよいですね。

筑前の国良裕

こんにちは~。
山椒を先日久しぶりに道の駅で見ました。
良裕ママにこれ買う?と聞くとあまり好きでないと二人一致しました、個性が強いですね(笑)。

田舎者

コメント
こんにちは、

ゴールデンウィークも四日目に成りましたね、
お天気が良く山菜取りにお出かけでしたか、
色々の山菜収穫でしたね天ぷらで頂くのかな、

takeomon

No title
渡良瀬渓谷の民宿で宿で教えてくださり採りに行ったことを、
思い出しています。
その時は随分多く採れました。

大連三世

No title
Imaipoさん
今日だめかぁって思いましたが
希望のものが採れてやれやれでした。

大連三世

No title
三面相さん
東北旅行で教えてもらった山菜です。
モミジガサと言えばわかりますかね。
ちょっと癖の強い味わいです。

大連三世

No title
ヒューマンさん
林業も農業以上に後継者が無く大変なようです。
大型重機が入って作業してます。

大連三世

No title
湘南ジージ さん
あまりにも大勢が詰めかけたりして
山菜採り禁止の山林も多く
山菜狩りもしづらくなってきました。
昨日ホームセンタお出ワラビの苗が売られているのを見て驚きました。

大連三世

No title
Golfun さん
タケノコがシーズンで山椒の芽とは
相性がいいですね。

大連三世

No title
筑前の国良裕さん
そうでしたか。
山椒はお口に合わないようですね。
作りたての佃煮もぴりりとしたが痺れて美味しいですよ。

大連三世

No title
田舎者さん
今回のものは野蒜はそのまま味噌で
ゼンマイはゆでて乾燥、シドケはおひたしで
山椒は佃煮でいただきます。

大連三世

No title
takeomonさん
そうでしたか。
赤城山中でも山椒はたくさん取れますね。

hohsi

山菜
これからはこちらも山菜の時季になります、
先日 初物の「こごみ」を友人が届けてくれました
くせもアクも強く無くて美味しいです、
「シドケ」は食べた事がありません
山椒の葉も食べる習慣なくて・・・でも香りが好いでしょうね。

大連三世

No title
hohsiさん
こんばんは
シドケはモミジガサのことなんですが
シドケ、山椒は御地では食べませんか。
山椒の芽の佃煮も美味しいですよ。
シドケはかなり癖のある味です。

熊取のおっちゃん

こんばんは
山菜採りは好きですね 今はワラビが最盛期
です シドケは見たことがありません
関西にもあるか調べて見ます

大連三世

No title
熊取のおっちゃん
こんばんは
シドケはモミジガサのことです。
食用の週間があるかどうかわかりませんが
日陰にあると思いますよ。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。