オニバス ( 2012-07-24 )

館林市蛇沼湿原のオニバスの花 
館林市蛇沼湿原の咲くオニバスの花一輪

館林市蛇沼湿原のオニバス 
保護されているオニバスの葉っぱ

落下後の蓮の花 
散ってしまった古代蓮の花

今朝の上毛新聞で絶滅危惧種の
オニバスの花が咲いたとの記事を見て
早速館林市まで出向いてみました
記事にあった蛇沼湿原は
館林市立第四中学校のすぐ隣にあって
中学校の生徒たちが保護活動に励んでいるそうです

見たことない蓮の花で期待を大きく
勇んで出かけたために
大変拍子抜けの結果でしたが
大きな葉っぱの間に一輪だけ咲いていました
午前11時頃でしたがこの花は
まだ開ききってはいないようですね

もっと沢山咲いてるものと思っていましたが
絶滅危惧種に指定されているだけに
その保護は大変なんだろうなぁと
館林四中の生徒たちの
努力に頭が下がりました

帰路伊勢崎市のあかぼり蓮園に立ち寄ってみましたが
午後の蓮園では開いている花は殆どありません
蓮の花は4日目くらいで散ってしまうそうです

花びらが落ちた姿も
おもしろいですね

コメントの投稿

非公開コメント

オニバスは貴重なんですね。
花は一輪でも葉っぱも充分見応えあります。
こちらの方は埼玉の北川辺へ撮りに行かれます。
私はまだ撮りに行けずにいますけど・・

おはようございます
オニバス、この目では見たことないんです。
近くには無いようで・・・
何処か探してみます。
迫力ありますね・・・

お早うございます、
オニバスは葉は大きいのですがはなが小さくて最初見たときにはえ~っと
思いましたよ、東京都葛飾区にある水元公園にもオニバスの
自生地があり毎年楽しんでますが、今年は6/20の台風上陸で
被害が出て今年は花が見られづじまいです。

おはようございます
葉っぱに割には控えめな花ですね
大連三世さんはフットワークがすばらしいですね

こんにちは~。
花びらが落ちた姿が蜂の巣に似ているので、蓮という名前になったそうです。
納得しやすいですね。

巨大な葉の割合に小さな花を咲かせるのが
オニバスの特徴ですね、
一生懸命保護に努めているのですね !
福島潟は北限に群生する場所です
そろそろ開花中の掲示もなされるでしょう。

お早う御座います~
オニバスは植物園で見た記憶がありますが花は見た事が有りません。
オニバスも絶滅危惧種なんですね。
保護されている館林市立第四中学校の生徒さん達に拍手です。

感心! 感心!!

まだ実物は見たことがありません
hohsiさんの御主人の版画で見ただけです
中学生が保護活動・・・・
いじめばかりが先行してますが こんな感心な中学生も
いることをアッピールしましょう!!

コメント

こんにちは、

珍しい鬼ハス初めて見せて頂きました、
変わった色の花ですね、見せて頂き有り難うございます。

オニバスは見たことがありません。
葉の割に花が小さいのですね。
館林は暑いところだったのでしょう。
この日も暑かったことでしょう。
お疲れ様でした。

momoさん
北川辺は渡良瀬遊水池の近くですね。
出かけてみましょう。

いかちゃん
こんばんは
私も初めてなんですよ。
渡良瀬遊水池近くにも自生地があるようなので
また出かけてみます。

Imaipoさん
はじめて見たのですが
まったくその通りですね。
葉っぱの割に花が小さくこんなものって思いました。

ヒューマンさん
そうですね。
葉っぱの割には控えめな花でした。
渡良瀬遊水池の近くにも自生地があるようです。

筑前の国良裕さん
ハスの由来ありがとうございます。
納得できますね。
よく似ています。

hohsiさん
福島潟にもオニバスはあるようで
植物の宝庫ですね。
葉っぱと花のバランスは良くない花ですね。

ma_kunさん
第4中学校のすぐ隣にある湿原で
四中の森という案内板もありました。

湘南ジージさん
そうなんですよね。
こんな中学生もいるのです。
拍手拍手!!

田舎者さん
私も初めての花なんです。
葉っぱは大きくて鱗があるようにも見えます。

やま悠作さん
暑さ日本一で館林市もすっかり有名になりました。
北関東3県は認知度ワースト3だそうですから
知名度アップに一役かってます。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数