鹿の食害(赤城自然園)

無残なオオバギボウシ

鹿の餌食に
丸坊主にされたオオバギボウシ



新芽はウルイと呼ばれ山菜として供されるが
オオバギボウシは鹿の好物でもあるようだ
これほど丸坊主にされてはギボウシも災難だね

ギボウシもかなり強い植物のようで
ちゃんと回復するのだろう
毎年同じ場所で大株になっている


(2020.5.22撮影)

コメント

まーさん

おはようございます
鹿は増え続けているのですか?
北海道のシカは、相当捕獲されて今のところ、大きな被害が聞こえなくなりました。

いかちゃん

おはようございます
トイレットペーパー

あと2か月分はありますぅ~~~

(^m^;......)。。。

sibuya

エゾ鹿との戦い・・
 北海道にはエゾジカが60万頭ほどいるが農林業の被害は莫大で
年間、12万頭ほど捕獲殺処分しないと爆発的に増えて行く・・
道は賞金を出して鹿の狩猟を呼び掛けていますが ハンターの
高齢化などで一年に数万頭を処分するのがやっとの状態だ。
雄大で自然豊かな北海道には「エゾ鹿」がピッタリ絵になるが
裏ではエゾ鹿と人間と激しい戦いが繰り広げられているのです。

ヒューマン

おはようございます
鹿が食べてしまうのですか
しかたがないかな

ma_kun

おはようございます
人間様も山菜として食べているいますから
鹿も美味しいのでしょうね。
自然園まで出てくるとは鹿も増えているんですかね。

北の旅人

こんにちは・・・
北海道もエゾシカが増えてますね
一時は保護されていたのですが、今は駆除されてます
人間の都合ですね?

大連三世

Re.
まーさんさん
増えてるらしいですよ。
山へ行くとシカ対策の柵が目立ちます。

大連三世

Re.
いかちゃん
ですか、お尻の穴は一つしかありませんなんて言われてましたね。

大連三世

Re.
sibuyaさん
一時ニュースにもなってましたね。
こちらでもシカの食害はひどくて最近は尾瀬でもニッコウキスゲが
少なくなったというニュースがありました。

大連三世

Re.
ヒューマンさん
ははは、しかたないですか。

大連三世

Re.
ma_kunさん
シカやイノシシはたくさん園内にいるようです。
足跡もたくさん見られます。

大連三世

Re.
北の旅人さん
もともとは共生できてたのに開発が進みすぎたのですね。
動物から見れば迷惑なことでしょうね。

西やん

こんばんは
シカの食害は困ったものです。
カタクリが見られる山ではシカの食害防止に金網越しにしか見られなくなりました。
植林した木も食べてしまうので金網を巻いていますね。
今はずいぶん殺処分していますが追いつかないですね。

筑前の国良裕

こんばんは~
キボウシの姿を見ると、痛々しいですね。
食物連鎖ですね、人間のところで切れてます、人間が一番残酷ですね。
食事するとき、ふとそんなことを思ったりします(涙)。

大連三世

RE.
西やんさん
シカの食害は激しいですね。
でもオオバギボウシも強くて毎年元気に存在してますよ。

大連三世

Re.
筑前の国良裕さん
そうなんですね、よく考えてみると日の経済活動が一番の原因のようですね。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。