トラクターによる耕運 ( 2019-09-12 )

耕運の跡
見事な耕運の跡

キャベツが植えられた
キャベツが植えられた

トラクターによる耕運を見かけるが
よく見るとトラクターのタイヤの跡が残されていない
見事な技だね
きっとトラクターの進め方に
経験による技があるのだろうね

耕された畑にはキャベツが植えられていた

(2019.9.6~11撮影)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キャベツ畑ですか広いですね。
最近の機械は凄いですねえ。

おはようございます

いやぁ~美しい自然の光景ですね。。 (#^.^#)♪ ♪ ♪。。。

おはようございます

トラクターもある程度、広い耕地でないと効果がないですね
棚田ではむりでしょうね

こんにちは

しかも、この作業も近々には自動運転になるらしいですね
我が菜園ではすべて手作業ですがね(笑)

こんばんは

農業機械もどんどん発展していますね。
池井戸さんの小説にも農業機械の自動運転がありました。
自動運転というと道路ばかり目が行きますが農作業は大事ですね。

Re.

三面相さん
このキャベツも機械で植えたようですね。
きれいに整列しています。

Re.

いかちゃん
きょうは秋らしい一日で朝の散歩だけでなく終日気分良かったです。

Re.

ヒューマンさん
そうなんですね、棚田にはトラクターは無理ですね。
この辺りは関東平野の端っこ、田んぼや畑は広々してますから
今ではトラクターなしでは耕作できないようです。

Re.

北の旅人さん
北海道ほどではないのですが、この辺りは関東平野のはずれ
田んぼや畑はそれなりに広くて、今では機械化しないと営農できないようです。
人手不足は深刻ですから、自動化の波は止められないでしょう。

Re.

西やんさん
このキャベツも機械で植えられたようです。
GPSを利用してまっすぐにトラクターが進むようになってるらしいですね。

おはようございます

いつもありがとうございます
しばらくブログをお休みしたいと考えています、

お元気でお過ごしください<(_ _)>

Re.

hohsi117さん
お嬢様がご病気の由、お見舞い申し上げます。
早い回復を心からお祈りいたします。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数