小川町女郎うなぎ

小川町女郎うなぎ
お店でいただいた由来書


小川町女郎うなぎ
お店のたたずまい

小川町女郎うなぎ
店内のうなぎ篭

小川町女郎うなぎ
歴史感あふれる部屋 腹ペコで待ち時間が長く感じる

千年の苑ラベンダー園でお昼を回ってしまった
軽食コーナーもあったが
蒸し暑い日で、ここでの昼食を断念した

小川町が近いこともあって
女郎うなぎを思い出し
土用丑の日には早いがうなぎを食べることにした

ラベンダー園から車で15分ほどだが
お昼を大きく過ぎてしまい腹ペコ
うなぎの待ち時間が長くて
名物うなぎを撮り忘れてしまった

(2019.6.20撮影)

コメント

いかちゃん

おはようございます
分かりますねぇ~~~、
撮るの忘れて飲み始めたり(* ̄m ̄)プッ !

ヒューマン

おはようございます
女郎うなぎ 名前だけで唾を飲み込んでしまったヒューマンです

大連三世

Re.
いかちゃん
お昼を大きく回ってしまい、腹ペコでした。
ぺろりと食べ終えてやっと写真・・・んなんて気づいた次第です。
時すでに遅し。

大連三世

Re.
ヒューマンさん
この小川町には忠七飯という名物もありますよ。
女郎うなぎ、忠七飯となりドオシのような位置関係です。

takeomon

No title
こんばんは
花だけでなく、お腹の方も、詳しいですねえ
この店は、外観が良いですねえ
中身もよろしいようですね

西やん

こんばんは
老舗のうなぎ屋さんというたたずまいですね。
埼玉県は川魚が名物になるんですね。
ナマズ料理の有名なところも近くにあった記憶があります。

大連三世

Re.
この辺りはかっては熊谷県として前橋地区も同じ県内で下から
言葉も同じで親しみやすく、ちょいちょい遊びに出かけてます。
小川町は和紙の産地でもあり、きりえに使う和紙を探しにも出かけました。

大連三世

Re.
西やん
年季の入った建物で、店内も歴史を感じる風情ですよ。
すぐちっかうには同じような老舗で忠七めしで有名な二葉屋もあります。
福助のメニューにもナマズはあったような気がします。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。