麦稈ロール

麦わらの回収
ロールにしやすいように麦わらを集めている

麦わらの回収
集められた麦わら

麦わらの回収
ロール状に丸められた (麦稈ロールと呼ぶらしい)

麦わらの回収
麦稈ロールの回収

麦刈りの終わった田圃で
麦わらの回収作業が行われていた

牛舎での敷き藁に使われるらしい

(2018.5.26撮影)

コメント

imaipo

おはようございます
その昔北海道で牧草用にこのロールを見ました
機会は輸入物とその時聞きました
面白いですね、刈り取って刈り取った藁を
ロールにしてまた使用する寝藁の次は肥料ですかね(笑)

ヒューマン

おはようございます
ロールにするのも機械化され、農業の省力化が進んでいますね
これを人手でしたら、大変な労力ですね

こぶっちょ

おはようござます
以前に野辺山辺りでこのロール見たことがあります。
こぶっちょの家でも昔は麦作っていましたが、記憶があるのは麦踏だけ。
収穫はどのようにしていたのかわかりません。まだ小さすぎて手伝いができなかったのかも。。。収穫が終わると新そばならぬ新うどんがたのしめそうですね。

熊取のおっちゃん

こんばんは
imaipoさんと同じく北海道では牧草のロールが
いっぱい畑に有ったのを見て何かと思いました
良い光景ですね

takeomon

こんばんは、
暫らく、田んぼ、畑を見ていませんが
今の農業は、完全な機械化なのですね
驚いています

西やん

こんばんは
近くの多摩動物園にこのロールが来ます。
緑の牧草のロールも見ます。
こうして運べばボリュウームを抑えられるようです。

大連三世

re.
imaipoさん
そうですね、敷き藁になって堆肥になって
また田んぼへ戻ってきますね。

大連三世

Re.
ヒューマンさん
人手ではこのロールは作れないでしょうね。
ロール状にするようになったのはいつ頃なんでしょうかね。
牧草もこうやって丸めてラップ掛けしてますね。
最近はサイロが必要ないらしいです。

大連三世

Re.
こぶっちょさん
昔は刈り取った麦を持ち帰って
敷地内で脱穀、乾燥、袋詰めをしてたように記憶します。
コメは田んぼで脱穀してようにも思います。

大連三世

熊取さん
北海道では昔はサイロがたくさんあったようですが
こうやってロール状にしてラップがけするようになって
サイロが不要になったらしいですね。
一連の作業を見てるとそれぞれに機械があって面白いです。

大連三世

Re.
takeomonさん
そうなんです。
面白いですよ、いろんな機械がやってきては作業を済ませていきます。

大連三世

Re.
西やんさん
このロールはかなり圧縮されてるようですね。
広い田んぼにもわずかなロールになってます。
私の見るロールも動物園にも行ってるのかもしれないですね。

Saas-Feeの風

そうそう、こんなロールを幾つも見ました。
いったい何かな、この後は何をするのかと思ってました。
麦稈ロールと呼ばれるものとは、全く知りませんでした。

大連三世

Re.
Saas-Feeの風さん
昨日も大掛かりのこの作業が行われてました。
田植えが控えてるからでしょうね。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。