タゲリ(田鳧) ( 2011-12-21 )

タゲリ 

タゲリの家族? 

5日ぶりにタゲリに会うことが出来た
今日は3カ所に2,3羽で餌を探していた
ミミズなどを補食しているらしい
ミミズをおびき出すためか
たんぼをトントンと蹴る仕草から
タゲリ(田鳧)とよばれている
 

警戒心が強く近づくことが難しい
今日は500mmレンズに
α77のスマートテレコン(×2)で
チャレンジしてみた
一脚でしたがやはり三脚が必要でしたね

テーマ : こんなん見つけましたvv
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~。
これは凄い冠を付けたタゲリですね。
他を蹴るのでタゲリですか、わかり安い命名ですね(笑)。

こんばんは
お~
撮られましたね。
タゲリとはそのような意味でありましたか。
動きまわる鳥撮りはむずかしそうです。

ついに執念で撮影成功ですね
さすが1000ミリとなるとアップで撮れますね~
田鳧という字を見たのも初めてです(笑)

おはようございます
500mmですか、さすがですね。。。いかちゃん500mm持ったら何を撮るんだろう???
可愛い娘?それじゃセクハラですねウ~~~ン(;>_<;)ウ~~~ン

おはようございます
そうでしょうね鳥を撮るにはレンズがですね
私はないので苦労してます(笑)
タゲリ初めて見ました頭の形が面白いですね。

またまた見つけたようですね。
鳥さんを撮るのは難しいですねえ。
僕などはゆっくり待つのが不得意なので特に難しいです。

これがタゲリですか。田んぼをケルからタゲリとは
なかなかイケメンではないですか

こんにちは~!タゲリも美しい鳥ですね。
見事なゲットです~!
当方も一度だけ出会いましたが感動しましたね。
有難うございました。 (^o^)/

今日は~
遂に写し撮られましたね。
見るほどに頭の冠が立派ですね。
たんぼをトントンと蹴る仕草からタゲリ(田鳧)とは上手く名前を付けたものですね。

筑前の国良裕さん
私も3年ほど前に覚えた鳥です。
冠が独特で気になってたところ、偶然ネット上で名前を知ることが出来ました。

この鳥はあまりじっとしていないので、撮影は難しいですね。
警戒心が強く近づけないので、望遠で狙うことになりますが、三脚で固定すると、動きを追うのが難しく、一脚にするとぶれてしまいます。

陶楽山人さん
この鳥はじっとしてないので、追っかけるのが難しいです。
今日は三脚を持ち出しましたが、追えませんでした。

いかちゃん
セクハラにならず喜んでくれる娘がいるかも・・・
いそうですねぇ・・。

imaipoさん
長いレンズはそれなりに取り回しが難しく、失敗作ばかりです。 手振れ防止が当たり前になり三脚もたまにしか使わないので、いざと言うときもたつきます。

三面相さん
私も同じです。
1日中粘ってる人も見かけますが、真似が出来ません。

ヒューマンさん
言われてみればイケメンですね。
このくるくるした目玉と冠が可愛いです。

まっくんさん
50枚くらい撮ってやっとこれだけです。
この写真も結構ぶれていて、現像時に輪郭強調でごまかしてます。

ma_kunさん
ついに撮ったという感じでもありません。
この写真も結構ぶれていて、現像処理で離隔を強めに出してごまかしたものです。 今日は三脚を使ってみましたが、タゲリの動きについていけませんでした。

こんばんは
見事な冠ですね 
大連三世さんももう立派な撮り鳥ですね

熊取のおっちゃん
とんでもありません。
失敗だらけの作品です。

こんばんは、
タゲリは初めて見るようです。
大連さんの地では多く見られる鳥ですか。
ミミズの取り方が知恵があるようです。

タケオモンさん
3年ほど前に気付いたのですが、散歩コースの田んぼにこの時期たくさんやってくる冬鳥です。

田んぼの貴婦人の様相が素敵で、良く撮れてますね、私も去年の場所に行きましたが様変わりして、ダメでした。
聞いた話ですが、トラクターの耕運した後を良く見るといるそうです。

さかいさん
この近くでは、毎年やって来てこの時期にはよく見かけます。
今日も見かけました。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数