思い出深い赤城中継所 ( 2011-12-15 )

赤城山地蔵岳の無線中継所 

散歩から戻るとき
何時も正面に赤城山を眺めています
今日は雲が無く、地蔵岳のアンテナ群がよく見えます
現役時代の懐かしい仕事場の一つで
20代の頃は保守点検作業で
真夜中月明かりを頼りに地蔵岳を
登り下りしたことが懐かしく思い出されます

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

すっきりと頂の様子が見てとれます、
冬場の午後は特に山は綺麗ですね
地蔵岳は標高は?
大変だった現役中の事は懐かしい想い出の中ですね。

こんばんは

山登りしての仕事では、さぞ根気の要ることだったのではと
さっしますが、思い返せば、懐かしいのではと、、

こんばんは~。
それは幸せですね。
長い現役の時を思い出させてくれる、それが赤城山なんですね。
現役時代の会社を見るにつけあそこで働いていたんだとホノボノとした思い出が湧いてきます。

おはようございます
赤城山、小さいころ浪曲が好きで、国定忠治の名月赤城山をよく聞いていました。
なので親近感が(^O^)♪ ♪ ♪

おはようございます
現役時代の活動場所が目に前に見えるなんて
良いですね、それにしても上り下りが大変でしたね。

凛とした青空に赤城山が映えますね。
現役は大変だったようですが今は良い思い出に成っているのですね。

hoshiさん
赤城地蔵岳は1,673mで、主峰の黒檜岳は1,827mです。
当時の地蔵岳には大沼からケーブルカーが架かってて、日中の作業では歩くことはありませんでしたが、今はそれが廃止されていますから、現在の方が大変ですね。

タケオモンさん
おっしゃるとおり大変でしたが、懐かしい想い出です。
今は真夜中に保守点検という作業もないのかもしれません。

筑前の国良裕さん
現役中のことだったと思いますが、定年したOBさんたちが、会社の近くの喫茶店にたむろして昔話をしている、あるいは一人ぽっちで会社のビルを見上げていると言ったような話を聞いた覚えがあります。
そんな心境ではありませんが、懐かしく赤城を眺めています。

いかさん
名月赤城山ですか・・。
そういえば、大分から連れてきた父が時折つぶやきます。
「国定忠治ゆかりの地で最後を迎えようとはなぁ」って。

imaipoさん
当時はさして大変だとも思ってませんでしたが、今振り返ると大変ですね。
 5月の連休前積雪数メートルの尾瀬ヶ原を歩いたこともあります。 これも楽しかったですね。

ma_kunさん
そうですね。 いい想い出です。
今日の赤城山は頭を大きな雲に押さえられています。

コメント

こんにちは、

散歩から帰り目の前に赤城山見事ですね、
現役時代は送電線のお仕事でしたか大変な苦労も有ったことでしょうね、見せて頂き有難うございます。

こんにちは~!
かの有名な「名月赤城山」「赤城の子守り唄」の
赤城山ですよね、親しみを感じますね。
散歩で日毎に見られるとは羨ましいですね。
赤城山と名月を写して見たいですね。 (^o^)/

お仕事でここまで登られたのですね。
確かに若いころは苦労を苦労と思わないですんでしまいますが、大変なことだったのですね

田舎者さん
送電線の仕事ではなく無線関係の仕事でした。
よく歩く散歩コースでは帰り道が、赤城山に向かってあることになります。 北方向でこれから北風が吹き始めると大変です。

まっくんさん
そうです。 あの赤城山です。
方角的な問題で我が家近くからは、赤城山とお月様は撮りずらいですね。

ヒューマンさん
赤城山地蔵岳はかってはケーブルカーがあっり、日中の仕事ではそれが利用できましたが、廃止されてしまい、現在の方が上り下りが大変ですね。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数