だるま市

だるま市
日中のだるま市はまだ静か 夜が本番

だるま市
これどうかなー

だるま市
前橋育英高校野球部のだるま

合格祈願だるま
孫の高校受験合格祈願のだるま

昨日は前橋市の初市(だるま市)だった
高崎だるまは元日の高崎だるま市を皮切りに
群馬県内で順次開催されていて
前橋では例年9日に開かれる

今年は孫の一人が高校受験生
合格を祈念して合格だるまを求めてきた

だるま屋さんの一軒に
前橋育英高校野球部のだるまがあった
前日優勝を達成したサッカー部のだるまはどこだろう
ほかのだるま屋さんにあったのかな

(2018.1.9撮影)


コメント

三面相

だるま市のこと有名ですねえ。
でもなぜ昼でなくって寒い夜なんですか?

imaipo

おはようございます
高崎のだるま市は有名ですね
ニュースで流れます、福や願い事で
達磨がたくさん売れるでしょうね。

ヒューマン

おはようございます
お孫さん 志望校に合格するといいですね
おじいちゃん 気が気でないですね

ma_kun

おはようございます
だるま市は知られていますね。
お孫さんの高校受験合格祈願で買ってこられましたか。
お守りも見えますが合格されると良いですね。

hohsi117

だるま市
恒例のだるま市・・・
お正月の風物詩の一つですね。
ダルマさんの顔を見ていると元気が出そうです。

takeomon

こんにちは、
高校受験合格を、遠くですが、願っています」
合格のだるまは、白いのですね

Saas-Feeの風

志望校合格祈願ですね。
やきもきなさることでしょう。
大願成就で合格祝いをしましょうね。

momo

だるま市が随分盛大ですね。
お孫さんの合格だるまとても綺麗なだるまさんです。
志望校に合格しそうなお顔しています。この時期受験生も家族も体調整えたり大変な時期ですが頑張って貰いたいですね。

大連三世

Re.
三面相さん
そうですね。
なんで夜がにぎわうのでしょう。
会社帰りの人が多いのか、お父さんが帰ってきて家族が一緒に出掛けるのか・・・・。
今朝の新聞でも昨夜の様子が出てましたが、昼間よりずっと混雑してました。

大連三世

Re.
imaipoさん
最近までは高崎だるま市といえば
少林山(だるま寺)の七草大祭だるま市が
正月6日から7日にかけて開かれていて有名だったのですが
昨年からだるま商組合と寺との関係がうまくいかなくなって
元日のだるま市と6,7日の七草大祭とが分離されています。
前橋市では江戸時代から9日の六斎市がだるま市へと変化してきたようです。

大連三世

Re.
ヒューマンさん
終わるまでは気がかりですね。
孫以上に早く終わってほしいと思ってるのかもしれません。

大連三世

Re.
ma_kunさん
祈願できるものは何でもっていう感じですね。
鉄道会社が滑り止めの砂をお守りで売り出しているので
駅へ行ってみると売り切れでした。
そこで八幡宮のお守りと合格だるまということになりましたよ。

大連三世

Re.
hohsi117さん
高崎のだるまさんはお正月は県内各地を回って
県民に福を届けています。
本家高崎では昨年から少林山の七草大祭だるま市と
ダルマ商組合のだるま市が分離してしまいました。

大連三世

Re.
takeomonさん
ありがとうございます。
試験が終わるまで落ち着かないです。
数年おきにこんな状況が続きます。

大連三世

Re.
Saas-Feeの風さん
そうなんですよ。
大願譲受まで今年は正月が来ない感じです。

大連三世

Re.
momoさん
試験が終わって結果発表まで落ち着きませんね。
無事志望校に合格して春休みには笑顔の孫に会いたいものです。

熊取のおっちゃん

こんばんは
最近はダルマを見かけることはなくなりましたね
選挙の七つ道具で見るくらいです

西やん

こんばんは
高崎のだるま市は有名ですね。
家の近くでも「高崎だるま市」と銘打って売っていますよ。
高崎で買うのが値打ちなのになんでしょうね。

筑前の国良裕

こんばんは~
受験など大きな関門を迎える時にだるまに片目を入れ、合格の暁には両目揃う。
こちらでは天満宮に行ってお参りしますが、心意気がかなり違いそうですね。
毎日、だるまをみると気持ちが奮い立つことでしょうね。

大連三世

Re.
熊取さん
そうですか。
群馬では欠かせないたかさきだるまです。
毎年新たなだるまさんが神棚に収まります。

大連三世

Re.
西やんさん
きっと高崎のだるま屋さんが出かけてるのでしょう。
高崎に来てもらうのが一番いいのでしょうけどね。
昨年から高崎だるま市の会場は駅前に移ってますから
便利になってます。

大連三世

Re.
筑前の国良裕 さん
こちらでも天満宮は人気ですよ。
やはり全国ネットですね。
入試が終わるまで落ち着きません。
非公開コメント

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。