十日町市星峠棚田 ( 2017-11-16 )

十日町市星峠棚田

十日町市星峠棚田

つるし雛を見た後は
星峠の棚田へ向かった

ここも写真雑誌でよく見る人気の撮影スポット
この周辺にはまだ何か所かの人気棚田がある

雲海や残雪の時期が人気のようだ

錦鯉で有名な山古志の様に
田圃には水が張られていたが
鯉は泳いでないようだ

(2017.10.12撮影)

テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

おぉ~~~、湖のように、鏡のように。。。素晴らしいx~~~、見栄えしますね。。 (#^.^#)♪ ♪ ♪。。。

今朝、今外に出たら、ひゃぁ~~~寒いぃ~~~
風も強くて冬到来ですよ、今日は12月並みの天気とか (゚A゚)イ-…ヽ

良い所を歩いていますねえ。
しばらくこのような風景を見てなかったので
またどこかに行きたくなっています。

おはようございます

懐かしいです。
数年前に1週間ほど棚田を撮って感動した場所です。
温泉も良くて、同じ趣味の皆さんの仲良くさせてもらいました・・・・思い出の場所・・ありがさうございました。

おはようございます

撮影スポットをよくご存じなのですね
棚田だけを追いかけている友人がおります。

星峠

おはようございます
魚沼に転勤で住んで居る頃は何度か訪れていました。
でもその頃は現在の様にメルヘンな名前では呼ばれて居なかったと思います、
月夜にはお月さんが田に映り雰囲気も!
↓美人林のブナは落葉期ですね。

おお~~棚田ですねえ~。
三重県にも丸山千枚田があって
他府県からの寄金で永らえていますよ。
寄金者は田植えと刈り入れで、その時期に集まってきます。

こんにちは

棚田の光景良いですね
若葉の頃、田植え、稲刈りの頃も
良いでしょうね、

Re.

いかちゃん
こちらも今朝の最低気温は8℃
寒くなりましたね。
首を縮めてゴミ捨てです。

Re.

三面相さん
十日町界隈は仕事で通過するばかりでしたので
気になるところを回ってみました。

Re.

まーさん
そうでしたか
この棚田を撮影したことがありますか。
かなりの混雑だと聞きました。
真昼間の棚田にはカメラマンは一人もいませんでした。

Re.

ヒューマンさん
一時期読んでいたカメラ雑誌でよく見かけた棚田です。
真昼間の棚田には雲海もなく、カメラマンは一人もいませんでした。

Re.

hohsi117 さん
いつのころからですかね。
すごく有名になってますね。
棚田は、一時期農家さんに疎まれ凧ともあったようですが
今は駐車スペースや展望台もできていました。
美人林は観光バスもかなり入ってましたよ。

Re.

Saas-Feeの風さん
能登の有名な千枚田もオーナー制になってましたね。
小泉純一郎、新次郎親子の田圃もありましたよ。
長野の姨捨もそうですね。

Re.

imaipoさん
それぞれの時期にいい景色ですが
農作業の繁忙期には農家さんに迷惑かけないように行動しなければなりませんね。
一時期農家さんに疎まれた時期があったようです。

今日は

棚田は最近見ていません。
長野にいた頃、姥捨ての棚田を思い出しました。
袋田にも有りますが今は袋田の滝見物が
非常に多く見に行くことは困難です。

こんばんは

棚田は好きです 大阪にも棚田百選に選定された
棚田が金剛山の近くにあります 稲刈り前の黄金の稲穂の時期がキレイですね

こんばんは

月夜には田毎の月になるんでしょうね。
さすがに撮影の人気スポットですね。
ひとつ一つの田んぼがくっきりとしていますね。

美しいですね~
名前は聞いた事ありますが見事な棚田風景ですね。
水がブルーになっているのは空の青が映り込んでいるんですね。
当地は平野なので棚田がないんですけど一度は撮ってみたい棚田です。

こんばんは~

水を張った田んぼの棚田は綺麗ですね!
十日町市というところは見所がたくさんありますね。

筑前の国良裕さん
十日町は麻の縮に始まりその後材料は絹へと変わり
長く織物の町として栄えたようです。
冬の雪まつりも有名ですが、いまだに行ったことがありません。

Re.

golfunさん
姨捨の棚田も有名ですね。
しばらく行ってません。

Re.

熊取さん
全国的に棚田は人気があるようです。
県内にも何か所か棚田百選に選ばれたところはありますが
規模は小さいようです。

Re.

西やんさん
人気が高すぎて農家さんとトラブルが起きることもあるようですが
ここは規模も大きく駐車スペースや展望台が設けられていました。

Re.

momoさん
全国から撮影旅行があるようで
バスの駐車場もできてましたよ。
雲海のある時間帯がよさそうです。

こんにちは、
棚田は、現地で見たことがありません
見たらさぞ感激すことでしょう
先人の苦労が今も引き継がれていて
凄い事ですね
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数