色づく棚田 ( 2017-09-15 )

真沢棚田
遠景は赤城山 前橋から見る姿とはかなり違う

真沢棚田
月夜の温泉 真澤の森周辺は棚田になっている

真沢棚田

真沢棚田 大胡桃 
上の写真の左側の木は胡桃の大木

奥利根の棚田も稲が色づいてきた
まもなく収穫だね

ここはみなかみ町月夜の温泉真沢の森

あぜ道に彼岸花があったような記憶で
行ってみたが記憶違いで残念

彼岸花は一本もなかった

(2017.9.14撮影)


テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

棚田のあるいい風景ですねえ。
相変わらず良い所を取材していますね。

おはようございます

ミサイル発射で大騒ぎですね、迷惑な話で(>_<)イ-…コラxァ~

おはようございます

棚田に咲く彼岸花の風景も良いでしょうね
月夜の温泉、名前は知ってますが行ったことはないです
朝からニュースはミサイルばかり困った国ですね。

おはようございます

棚田とヒガンバナ いい構図ですね
ヒガンバナ 撮りに行こうかな

月夜野

おはようございます
懐かしい地名!
以前 魚沼に住んでいた頃に遊びに行きました
実りの秋 
棚田の風景も好いですね。

今日は

赤城の山は懐かしいです。
長野にいた頃、車の中からよく見ました。
棚田は姥捨山てを思い出します。

こんにちは

棚田いい雰囲気ですね
長野の田んぼは10月の連休のころが稲刈りだと思います。
昨年は手伝いに行きましたがは今年は残念ながら無理です。
赤城山はその昔信越線の車窓から良く眺めていました。

Re.

三面相さん
メインの目的はキノコだったのですが、目的のキノコが見つからず
きのこや小屋のおじさんと雑談してきました。
帰路この棚田を思い出して寄ってみました。
ここでもヒガンバナに振られてしまいました。

Re.

いかちゃん
迷惑な行動ですよね。
前回不動作だった防災ラジオが今朝はちゃんと起動しました。
逃げろと言われてもねーって思いますが、不気味ですね。
まだミサイルや核爆弾の在庫があるのでしょうか。
なくなってしまえばいいのですが。

Re.

imaipoさん
この記事を書きながら防災ラジオやテレビニュースを見てました。
お騒がせな国ですが、何をやらかすかわからないところに不気味さを感じます。

Re.

ヒューマンさん
奥利根に出かけたメインの目的はキノコだったのですが
目的のキノコがなくて、なじみのキノコやさんと雑談でした。
帰り道この棚田に寄ってみましたが、ここでもヒガンバナに振られてしまいました。

Re.

そうでしたか。
真沢の森ご存じでしたか。
今年は棚田への応募者が少なかったのか、荒れた田んぼが目立ちます。

Re.

golfunさん
姨捨の棚田は有名ですね。
規模も大きいです。
上田の稲倉棚田へも時折出かけますよ。

Re.

こぶっちょさん
収穫の秋
作業のお手伝いができず残念ですね。
しっかり療養して来年はお手伝いできることをお祈りしてます。
棚田がきれいな季節になってきました。

今晩は

温泉とは良いところへ出かけられていますね。
彼岸花が咲いていなくて残念でしたね。
棚田と彼岸花、切り絵の素材になったでしょうにね。

Re.

ma_kunさん
きりえでは何度かチャレンジしましたが
ヒガンバナは難しいです。
失敗続きです。

こんばんは、
棚田を見ますと何か温かい身持ちになります、
遠景が綺麗ですが、
坂地の耕作のご苦労が目に浮かびます

こんばんは・・・

昔は(江戸時代)は、お米=お金でしたから
新田開発が盛んにおこなわれていたんですね
でも、こんな場所での作業は苦労が多そう
ですね。

こんばんは

彼岸花が咲いていそうな雰囲気ですが、咲いていないんですね。
棚田の稲も刈り入れ時に近くなっていますね。
明日から関東は台風の影響で天気が悪くなります。
大きな被害がないといいですね。

Re.

takeomonさん
近年では有名な棚田ではオーナー制度を取り入れていますね。
能登の有名な白米千枚田では小泉純一郎、信次郎親子の田んぼがありましたよ。

Re.

今では日本棚田100選などと言って観光地化されてるところも少なくないですね。
ここもそういった棚田のようです。
NPO法人などが一括管理してオーナー制をとってるようです。

Re.

西やんさん
そうなんですよね。
迷惑な台風ですね。
明日は孫の小学校では運動会が予定されています。
せめて日中は降らないで欲しいものです。

こんばんは

今日は同じ棚田が題材でしたね
棚田は昭和の景観が残っていて懐かしい
ですね

Re.

熊取さん
懐かしいです。
農家ではありませんでしたがこういった風景の中で育ちましたので
親戚の田植えなどの手伝いもしましたよ。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数