いつもと違う赤城山 ( 2011-11-07 )

ちょっと雰囲気の違う赤城山 

雲行きが怪しくなり
雨の降らないうちにと
散歩へ出かけた

しばらくたんぼ道を歩き
振り返ると
上空に雲の切れ間があるのか
赤城山が縞模様に輝き
明るいところは紅葉がよくわかります


桜の残り葉 

1時間半ほど歩くと
いつの間にか雲が切れ
青空になっています
残り少ない桜の葉っぱが
逆光に輝いています

ちょっと汗ばんだ散歩でした

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

いつもと違う赤城山、面白い写真です。
このような瞬間に出会うとなぜか嬉しくなりますね。
青空に紅葉がきれい気持ちのいい秋ですねえ。

今晩は
赤城の山は長野にいた頃よく見ました。
国道50号から高崎経由が多かったです。
いい山ですよ。
国定忠治は居たのでしょうか?

おはようございます
芸術の秋。。。まさに絵画の世界ですね、素晴らしい景色(^O^)♪ ♪ ♪

お早うございます。
自然の作り出す芸術ですね
良いですねこんなきれいな景色が見られて。
青空に桜の紅葉がはえてましたね。

三面相さん
こんばんは
振り返ったとたんにアレッて言うような景色でした。
新鮮な感じでしたね。

golfunさん
こんばんは
県内あちこちに忠治の碑がありますね。
志賀高原にも忠治が隠れたという岩がありましたね。 

いかさん
こんばんは
そういえば、絵画のように見えますね。
一風変わった光線状況でした。

imaipoさん
こんばんは
写真では忠実に表現できませんでしたが、かなり変わった光線状況でした。 赤城だけでなく榛名山、子持山も珍しい光景でした。

こんばんは
赤城山が美しいですね。
この山並み全体を指して赤城山というのでしたね。
もう昔の話になってしまいますが「あさま」という
L特急の車窓から良く眺めていました。
むろん「妙高」という急行の車窓からも。
だるま弁当を良く食べたことを思いだします。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数