きりえ教室 ( 2016-03-11 )

紅梅の盆栽

きりえで紅梅の盆栽

毎月第2、第4金曜日の午前中は
公民館でのきりえ教室の日

6月の群馬きりえ展の準備を始めているが
今日は先月の教室で講師の持ってきた
紅梅の盆栽をスケッチしたものがあったので
色紙にまとめてみた
年明け後カッターナイフの使い初めとなる

次回からは群馬きりえ展向けの作品作りに
専念しよう

(2016.3.11)

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

本物の盆栽よりスケッチの方がが
素晴らしいですね

写真のような写実的な切り絵ですね。
お見事です。
近くであれば切り絵展を見てみたいです。

おはようございます

うぅ~~~ん、いやいや、素晴らしいぃ~~~
何時もただただ頭が下がります
凄い!
言葉が出ません♪ ♪ ♪(^O^)♪ ♪ ♪

言葉もなし!

絵ごころゼロのジージ
このような作品を見ると 恥ずかしくなります
素晴らしいの一語!

今日は江の島祭へ行こうと思っています

熊取さんも言ってますがスケッチがいいですね。
この後も頑張ってください。

おはようございます!

とても優雅の趣味をお持ちですね!
繊細な作業を通して作品がつくられる過程が、とても、興味があります。
これからの作品も楽しみにしております。

おはようございます

梅盆栽の切り絵良いですね
切り絵展の作品作り頑張ってください。

今日は

絵は自身の考えで書き足したり消したりで来ますからね。
本物の盆梅より素晴らしいです。

こんにちは

いつもながらですが
いいですね~
こうして現物と対比になると
なるほど、このように描くのか~
となおさら感心するばかりです。

Re.

熊取さん
ありがとうございます。
本物はちょっとさみしい感じでしたから勝手に盛りました。

Re.

西やんさん
つたない絵なんですが機会があれば、是非観てください。

Re.

いかちゃん
照れますよー。

Re.

湘南ジージさん
あまり褒められても恥ずかしくなります。
今日は一日中ゴロゴロしてました。

Re.

三面相さん
ありがとうございます。
今年初めてのかカッティングでした。
手慣らしをして、群馬展向けの作品作りに入ります。

Re.

まーさん
そうですね。
制作の途中も結構楽しいものです。

こんばんは

簡単に下絵にしてしまう。これって才能なのでしょうね
ヒューマンなら1週間かかってもできないことです

Re.

imaipoさん
ありがとうございます。
年が明けて初めてのカッティングでした。
本格的に群馬展にむけてエンジンをかけます。

Re.

ma_kunさん
見たとおりに書く必要はないと最近気づきました。
写真でも同じですが、省略は大切ですね。

Re.

こぶっちょさん
忠実に見たままに書く必要はないですね。
イメージを描きながら写生してます。

Re.

ヒューマンさん
何でもそうなんですが、慣れが大きいですね。
何度も描いてると結構早くかけるようになりますよ。

いやあ~すばらしいですよねえ~。
盆栽をスケッチするにしてもさすがだなあと思いますよ。
これから切り絵に発展するのでしょう?
Saas-Feeの風は絵心無いからまったく描けません。

こんばんは、
鉢植えより豪華で、立派に出来ています
生き生きと見えます
バックのボカシはハケで暈すのですか?

おはようございます

いよいよ春本番
でも、今日は天候が・・・

今日は名古屋女子マラソン、福士関連で、ちょっと注目ですね、

おはようございます

昨日の女子マラソン、
いやぁ~~、久しぶりにドキドキでしたね、

でも、世界とは大きな差が(^m^;......)。 。。

Re.

Saas-Feeの風さん
今年のきりはじめ
手奈良市の作品です。
ちょっと時季外れになりましたが、玄関に飾りました。

Re.

いかちゃん
オリンピック代表もやっと決まりそうですね。
大相撲も始まりました。
琴奨菊の出足が良かったですね。

お早うございます

盆栽の紅梅が見事に切り絵で表現されていますね。
素晴らしい作品!
今年も展示会場で見たいです。

見事な作品ですね。
感心します。もう何年もされているんでしょうか。
作品として残るのは良い趣味ですね。

こんにちは~。

本物の梅、切り絵の梅、それぞれの良さがありますね。
切り絵というには不思議な世界ですね。
一度本物を頭のなかで記憶して、新しいイメージに組み立てるようなイメージでしょうか。
カメラのフィルタ機能と似ているのでしょうね。

Re.

Golfunさん
ちょっと時季外れになってしまいましたが
今年初めてのきりえで手慣らしとなりました。

Re.

momoさん
早いものできりえ歴9年目です。
作品もたまっては来ますが、だんだんお荷物になってきます。

Re.

筑前の国良裕さん
写真にも通じるところは多いですね。
最近はイメージ優先で見たとおりに書く必要はないかなと思うようになってきました。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数