姿を消していく養蚕家屋 ( 2019-12-15 )

少なくなる養蚕家屋
養蚕家屋の高窓(矢印)

養蚕が盛んだった群馬県
養蚕時代の名残で農家の家屋には
屋根の上に換気用の高窓が設置されている
今では養蚕を行う農家はほとんどなくなり
住宅の建て替えが進むにつれて
養蚕家屋が減っていく

散歩道でもたくさん見られた高窓付きの家屋は
珍しい存在になりつつある

(2019.12.14撮影)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数