• 玉原高原へ向かう道路沿いにこの滝はある沼田市の観光案内には次のように案内されている鹿俣山(1636.7メートル)と尼ケ禿山(1466メートル)からわき出した清水の一部が、十個以上の小さな流れの滝をつくりそれがさらに下のほうでひとつに集まって発知川に流れ落ちる「潜流瀑」の形の代表的なものといえる気づかずに通過しそうなところにあるが冷たい清水の流れは涼気いっぱいだ(2019.8.8撮影)... 続きを読む

大連三世

旧満州国大連市生まれの三代目。
年々行動範囲が狭まってきますが、散歩や里山歩きで
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。