芥川賞ノミネート作品 はじめて読む純文学 ( 2015-07-16 )

芥川賞候補 火花

今日16日芥川賞の選考会があるらしい
芥川賞だの直木賞だの言葉としての知識だけで
大連にはほど遠い世界ではあるが

現役お笑い芸人の作品と言うこと
発表した文芸誌が増刷されたこと
芥川賞にノミネートされたこと
等々で話題となっているので
時間つぶしと言えば大変失礼だけど
電子版を購入して読んでみた

純文学デビューと言ったところだが
語彙の少なさに悩まされることとなった
お笑い芸人の世界がリズミカルな
関西弁で描かれていることに助けられ読破できた

テレビのバラエティー番組で見る
芸人さんの違った側面を覘いたような気にもなるものの
やはり文学書になじみのない私には
最初と最後に花火のシーがあるが
これがどんな役割をしてるのか
「花火」でなくどうして「火花」なのか
そして火花に何を語らせたかったのか読解は出来なかった

併せて読んでいる横山秀夫「64」の方が私には面白い

(2015.7.16)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数