季節の移ろいを肌に感じながら散歩を楽しんでます。

# 気ままにテクテクと

# プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。

# 散歩の友

# 今日はこんな日です

# カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

# メールはこちらからどうぞ

返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

# 最新記事

# 検索フォーム

# アクセス数

2016年8月12日以降


Update 2014.09.30 

#  世界遺産 荒船風穴(蚕種貯蔵施設)

荒船風穴

荒船風穴

荒船風穴
わかり易くパンフの写真から

荒船風穴の温度
風穴内の温度は外気より14度も低い

荒船風穴
稼働時の復元ジオラマ

荒船風穴への急坂アプローチ
駐車場からは急坂のアプローチが900m

荒船山
大コスモス園から見る荒船山 メサ地形が特徴

富岡製糸場とともに世界遺産に登録された
荒船風穴を見学してきた

自然の冷気を利用した
蚕種貯蔵施設で電気による冷蔵技術が
確立する昭和初期まで稼働していた
ガイドさんによると昭和14年以降使われていないとのこと

養蚕での風穴利用は幕末に長野県を発祥とし
大正時代には全国に広まったが
ここ荒船風穴は国内最大規模の
貯蔵能力があって国内だけでなく
朝鮮半島との取引もあったとのこと

蚕種の冷温貯蔵により蚕の孵化をコントロールして
年複数回の養蚕が行われ
繭の増産につながった

冷気耐寒用の窓があり
手をかざすとひんやりした冷気を体感できる
風穴に温度計が設置されていて
この日は外気との温度差は14℃ほどあった

見学には駐車場から900mほど急坂を下ることになり
帰りが一苦労
真夏に来なくてよかった

(2014.9.29撮影)




スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ