季節の移ろいを肌に感じながら散歩を楽しんでます。

# 気ままにテクテクと

# プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。

# 散歩の友

# 今日はこんな日です

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# メールはこちらからどうぞ

返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

# 最新記事

# 検索フォーム

# アクセス数

2016年8月12日以降


Update 2017.10.10 

#  2,000km飛翔のアサギマダラ

2,000km飛翔のアサギマダラ
自然園に展示されている標本

サラシナショウマに留まるアサギマダラ
サラシナショウマとアサギマダラ

赤城自然園初秋の開園が今日で終わった
20日から晩秋の開園となる
園内の広葉樹は少しずつ色づき始めている
20日からはいよいよ園内は
色鮮やかな紅葉で埋まってくる

旅立ちの最後のエネルギー補給だろうか
好物のフジバカマの花は終わっているが
サラシナショウマでアサギマダラが蜜を吸っている

多くの仲間たちは南に向かって飛び立っているようだ

赤城自然園エントランスホールに展示されている標本は
2016年9月28日に赤城自然園でマーキングされ
10月18日に与那国島で再捕獲された個体

20日間で2,000km飛翔したことがわかる
こんな小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのだろうね

(2017.10.9撮影)






テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

 | ホーム | 
Update 2017.05.26 

#  桐生自然観察の森(関東ふれあいの道)

桐生自然観察の森
散策路はこのような階段が多い

桐生自然観察の森 
ノスリ観測小屋

桐生自然観察の森 
散策路の最高点(355m)

桐生自然観察の森 
幸い熊には出会わなかった

桐生市川内町の自然観察の森を歩いてきた

標高差150mほどのアップダウンのある森に
散策路が整備され関東ふれあいの道に指定されている
ノスリの生息地らしく頂上手前に
観測小屋が設置されている
頂上付近で上空を飛翔するノスリを見かけた

山歩きから遠ざかって数年たつが
150mの階段状の上り坂に息も絶え絶え
20段くらい登っては息を整えなければならない
情けないねー

(2017.5.20撮影)





 | ホーム | 
Update 2016.06.12 

# 久しぶりに見るホタル 前橋荻窪公園

ホタル

ホタル

40年ぶりくらいにホタルを観てきた
子供たちがまだ小学校に上がる前
帰省の折ホタルを見せたことがあるが
それ以来のことである

孫たちはホタルを見たことがあるのだろうか

ここ前橋市の荻窪公園でも
地域の方々の努力で
ホタルが戻ってきた

花と同じく今年はホタルも活動期が早まってるらしく
今日はピークを過ぎたらしい
昨年のピークが10日で今年は3日がピークだったとか
昨日に比べても1/3ほどだという
ホタルの乱舞とはいいがたい写真になってしまった

ピーク時の乱舞を観たかったね
残念

ホタルの撮影は初めてのチャレンジ
マニュアル露光でf2.8、50sec、iso100
だったがisoをもっと上げるべきだった
現像時に+3補正

(2016.6.12撮影)

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

 | ホーム | 
Update 2015.01.28 

#  巨大な蜂の巣

コゲラ

スズメバチの巣?

昨日武蔵丘陵森林公園で
コゲラを見つけてその姿を追っかけていると
大きな蜂の巣が目に飛び込んできた

かなり大きな巣なのでスズメバチなんだろうか
どうやら空き家のようだが
女王蜂だけは冬眠中なのかもしれない

活動期に入ったら危険だよね
バードウオッチングどころではないかもしれないが
蜂の姿が見えないので安心してコゲラを追っかけてみたが
ちょろちょろ動きまわって一箇所にとどまってくれない

(2014.1.28)


テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

 | ホーム | 
Update 2011.09.25 

#   赤城のツツジがピンチ

観察会オリエンテーリング 

鹿の食害 

鹿の食害 

前橋市が開催した小沼湖畔での赤城山自然観察会に参加

花のない時期でやや寂しかったが

ゴヨウツツジ、アカヤシオツツジ、サラサドウダンツツジなど

見事なツツジの共演を楽しんだ同じ場所で

鹿の食害を目の当たりにして大きなショックを受けた

これらの木は来年はもう花を咲かせることができないのだろう

自然保護の難しさを痛感した1日だった

テーマ:日々あれこれ - ジャンル:ブログ

 | ホーム |