季節の移ろいを肌に感じながら散歩を楽しんでます。

# 気ままにテクテクと

# プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。

# 散歩の友

# 今日はこんな日です

# カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# メールはこちらからどうぞ

返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

# 最新記事

# 検索フォーム

# アクセス数

2016年8月12日以降


Update 2017.05.07 

#  前橋市春日神社太々神楽

春日神社太々神楽

春日神社太々神楽

春日神社太々神楽

春日神社太々神楽

前橋市上佐鳥町春日神社では
5月3日恒例のお祭りが開かれる

神楽殿では太々神楽が奉納され
舞の合間には福まきが行われ子供たちは大喜び

この神社に伝承される舞の8番目に「蚕の舞」があり
前橋市の重文に指定されている

(2017.5.3撮影)

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

Update 2017.03.20 

#  利根沼田伝承古典芸能祭

第41回利根沼田伝承古典芸能祭

白波五人男 みなかみ町子ども歌舞伎

白波五人男 みなかみ町子ども歌舞伎

白波五人男 みなかみ町子ども歌舞伎
・・・ 鎌倉無宿と肩書きも 島に育ってその名さえ
弁天小僧菊之助


昨日は利根沼田伝承古典芸能祭を鑑賞してきた
今年で3回目の鑑賞となった

最後の演目はみなかみ町子ども歌舞伎による
白波五人男

問われて名乗るもおこがましいが 産まれは遠州浜松在
十四のときから親に放れ 身の生業も白浪の
沖を越えたる夜働き 盗みはすれど非道はせず
人に情けを掛川から 金谷をかけて宿宿で
義賊と噂高札に 回る配布の盥越し
危ねえその身の境涯も 最早四十に人間の定めはわずか五十年
六十余州に隠れのねえ 賊徒の首領日本駄右衛門

子どもたちの威勢のいい七五調の名セリフがかわいく
トリにふさわしい名演技を見せてくれた

(2017.3.19撮影)

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

Update 2017.02.06 

#  八城人形浄瑠璃 城若座定期公演

芝居の前に三番叟
前座で三番叟

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段
太夫も熱演

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段
弁慶上使の団 弁慶の登場

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段

安中市松井田町人形浄瑠璃
城若座の定期公演を鑑賞した

毎年この時期に安中市ではスプリングフェスティバルが開かれ
市民の作品展や郷土料理の紹介
体験事業、ステージ発表などが行われている

その中で松井田町八城地区に伝承されている
八城人形浄瑠璃 城若座の公演が行われている

今年の演目は
御所桜堀川夜討 弁慶上使の段

源頼朝、義経兄弟の仲違いに挟まれ
やむなく実の子を殺めてしまう武蔵坊弁慶の
苦しく悲しい心の内を描いた物語

(2017.2.5撮影)


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

Update 2017.01.15 

#  伝統歌舞伎の祭典 2017

渋川子供歌舞伎

渋川子供歌舞伎

渋川子供歌舞伎

お正月恒例の伝統歌舞伎の祭典を観てきた

 今年は次の演目
渋川子ども歌舞伎 絵本太功記 十段目尼崎庵室の場
半田歌舞伎坂東座 良弁杉春日の由来 二月堂の場
平出歌舞伎保存会 絵本太功記 十段目尼崎庵室の場

子ども歌舞伎は小中学生による舞台で
日頃の練習の成果が見事に発揮され
感動の舞台だった

渋川子ども歌舞伎は渋川歌舞伎の後継者育成を目指して
平成19年に結成され年2~3回の公演を行っており
卒業後も大人の歌舞伎への参加者が出ていて
後継者育成の成果が出ているとのこと

伝統芸能の伝承が未来永劫継続していくことを願ってやまない

(2017.1.14撮影)

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

Update 2016.03.21 

#  小松姫物語 利根沼田伝承古典芸能祭

人形芝居小松姫物語

人形芝居小松姫物語
犬伏の別れ

人形芝居小松姫物語
小松姫による入城拒否

人形芝居小松姫物語
正覚寺での饗応

人形芝居小松姫物語
詩吟に合わせて父昌幸の舞

人形芝居小松姫物語
詩吟の合唱

20日利根沼田文化会館で
第40回利根沼田伝承古典芸能祭が開かれ

7団体による太々神楽、獅子舞、人形芝居、歌舞伎が演じられた
この日はNHKk大河ドラマにちなんで
沼田市では上州沼田真田丸展がオープンしたが

伝承古典芸能祭でもドラマを記念して
沼田沼須人形芝居「あけぼの座」による
小松姫物語の公演が行われた

古典の人形浄瑠璃と一味違う構成で
新鮮な印象を受けた

小松姫物語のあらすじは
関ケ原の合戦を前に真田親子は
父昌幸と弟信繁(幸村)は西軍に
兄信幸は東軍に組することで
真田家の存続を図ろうとする
これが世にいう犬伏の別れ
昌幸、信繁は上田城への帰路
上州沼田城に立ち寄るが
留守を預かる信幸の妻小松姫は
敵方となった義父、義弟を入城は許されないと拒否する
その陰で義父たちを城外の正覚寺で暖かく饗応し
かわいい孫たちにも会わせた
小松姫の凛とした気丈さと
人を思いやる優しさを描いたもの

同行した「我が家の七色畑」でも紹介されています

(2016.3.20撮影)

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ