試写会 ( 2019-08-22 )

引越し大名

30日から公開される
映画「引っ越し大名」の試写会抽選に当たり
初めて試写会なるものに参加してきた

松平大和守家は
家康に近い家柄ながらも
7回もの国替えを強いられ引っ越し大名の異名を持つ

幕末期には前橋藩主であり今も松平家の17代当主が
前橋市に住んでるご縁から当地で試写会が開かれた

江戸時代のお国替えは藩主だけの引っ越しではなく
すべての藩士とその家族、関係する神社、寺院までの
総引っ越しで藩の負担は大変なもんだったようだ
この引っ越し騒動が
コミカルに描写された映画で面白い作品だった
上映後は
第17代松平家の当主、原作の土屋章宏氏、前橋市長の
トークセッションがあった


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

試写会に参加が出来ましたか良いですねえ。
トークセッションがまた楽しかったことでしょうね。

おはようございます

テレビで宣伝していますが、なかなか面白そうですね・・・


昨日の記事で、
いかカノ旅行社と書いて数人の方に誤解されたようで、
いかカノが企画する個人旅行という意味でした
スミマセンでした(~_~;)ウゥ~~~ン

おはようございます

市長さんも挨拶されるとは。入れ込みが大変ですね
家の引っ越し 一苦労ですね

こんにちは

そうですよね、大型トラックの無い時代ですから
引越しの大変さは、想像できますね。
家臣たちの住む住居などは一番頭が痛い問題ですね
面白そうな映画ですね・・・♪

Re.

三面相さん
松平家のご当主のお話も聞けました。
先代の当主は転勤の多いお仕事で17回も引っ越しし
引っ越し貧乏だと会場を沸かせていました。

Re.

いかちゃん
面白いですよ、原作者が少しコミカルに描きすぎて
松平家に失礼だったかかなんて誤ってました。

イカカノさんの手作りツアーだったのですね。
早とちりしてしまいました。

No title

大連三世さん、こんにちは、
一族郎党が、移動することは、精神的にも、経済的にも
大変なことですね、
転居することで、勢力が大きくならないようにしたとか、、、とも
言われていますが、
大変なことですね

Re.

ヒューマンさん
市では前橋ゆかりの四藩の藩主を顕彰し
前橋四公祭と称するイベントが開かれます。
前橋藩主の酒井家、松平家 秋元藩の秋元家、大胡藩の牧野家
を指しています。

Re.

北の旅人さん
地方大名の経済力をそぐ施策だったようですが
親戚筋の松平家といえども例外なく扱われたのですね。

Re.

takeomonさん
大変な施策だったのですね。
徳川幕府の長期安定の根幹だったのでしょうか。
松平大和守家の前に前橋藩主を務めた酒井雅樂守家も転封が多かったようですが代々の当主のお墓は前橋にある珍しい家柄のようです。

こんばんは

この映画、ちょっと興味がありました。
本屋で立ち読みで小説を読みましたが藩の引っ越しは大変なようですね。
引っ越し奉行になったら金の工面など全部の責任があるんですね。

こんばんは

7回ものお国替えは大変だったのでしょうね
小生は転勤などで8回引っ越ししましたよ

Re.

西やんさん
原作者が松平当主にコミカルの描きすぎたと
誤ってましたが、楽しく見られますよ。

Re.

熊取さん
転勤も大変ですよね。
私も大きな引っ越しは数回ありますが
独身時代でした。
松平家の先代は17回引越ししたと言ってました。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数