歴史のお勉強 近世の前橋 ( 2016-12-04 )

ぐんま史料講座
ぐんま史料講座の様子(県立文書館)

昨日は今年度2回目のぐんま史料講座に参加してきた
「近世後期の前橋と松平大和守家」と題して
前橋城の破却から再築までを
歴史資料「前橋松平大和守家記録」に基づいて
講義が行われた
 この記録は元禄から明治までの藩政記録で
史料が少なく研究が進まないとされている関東では
貴重な存在らしい

前橋城は戦国時代に築城され
城主は平岩氏、酒井氏(雅楽頭家)、松平氏(大和守家)と変遷するが
最後の城主松平大和守家は
10回の転封や度重なる利根川の氾濫による前橋城の破却
転封ではなく居城だけを川越移転という
稀な経歴を持ち
転封王などとも呼ばれる藩主だった

転封の度に石高は上がっているが
膨大な転封費用、利根川の氾濫による城の修復などで
その財政状況は火の車だった
横浜開港後は隆盛する上州生糸、前橋商人の力が
その財政改善に大きく貢献したようだが
ほどなく廃藩置県で前橋藩も前橋城もなくなってしまった
現在の群馬県庁は前橋城本丸跡にある

(2016.12.3撮影)




テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

詳しい解説で前橋のことが少しわかりました。
県庁は本丸跡ですか、昔のままの位置なんですね。

おはようございます

今日、セレッソ大阪対ファジアーノ岡山、J1復帰を狙うセレッソ大阪、頑張ってほしいぃ~~~、
って、そちらエリアでは興味なしですね、シツレイシマシタ

おはようございます

転封王とは、これまた苛められていたのですね
お金が大変ですね 家来も一緒なのでしょうね

おはようございます

転封王とは凄い命名ですね
それにしても大きなお金が動いたのでしょうね
一族郎党ついていかなければ成り立ちませんから
大変だったでしょうね。

Re.

三面相さん
廃藩置県で群馬県ができたときの県庁は高崎に会ったようですが
花燃ゆで有名になった楫取県令により現在地に移転されたようです。
当初は仮移転で、高崎に戻る約束だったらしいのですが
そのまま前橋に残ったしまい、高崎市民にはしこりが残ってるとも言われます。

Re.

いかちゃん
当地のザ・スパ草津群馬は万年J2それもJ3降格をかろうじて免れる
状況です。
B2リーグでは今のところトップを走ってます。

Re.

ヒューマンさん
由緒ある松平(越前)家で特段さげすまれたわけではなく,転封の度に
加増はしてるのですが豊後日田から出羽山形という遠距離の移動もあり
不運な藩主だったようです。

Re.

imaipoさん
そうなんですね。
主だけの移動ではなく、一族郎党の移転には莫大な費用がかかったようです。

こんばんは

このような歴史講座を聞くのも良いですね
最近勉強したことがなく頭を使う機会が
無くなりましたよ
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数