大河ドラマ 花燃ゆ ( 2015-01-06 )

大河ドラマ 花燃ゆ 

大河ドラマ「花燃ゆ」

1月4日から新しい大河ドラマが始まった
これまで大河ドラマは見たことがなかったが
今回のドラマには妙に興味を惹かれている

群馬県もドラマの舞台となることから
県をあげてPRしてることもあり
断片的に情報が入ってきていた

主人公の夫楫取素彦は第二次群馬県令(今の県知事)で
県庁を前橋市に置き
群馬県の産業、教育におおきな足跡を残した人物らしいが
私を含め多くの県民には知られていない

長州藩幕末の武士で倒幕に大きな影響を与えた
薩摩長州連合の立役者でありながら表舞台に現れなく
その妻は幕末の志士吉田松陰の妹で
松蔭没後には松下村塾の指導者でもあったという

吉田松陰は江戸での勉学中に
江戸の学者の教えに不満を抱き広く外国の状況を知りたく
ペリーの旗艦に忍び込み
45分間に亘り密航を直談判し、断られるものの
ペリーの心を動かし、その圧力で断罪を免れたらしいこと

この事件での幕府の処分は
長州へ戻り蟄居することであった
松下村塾はその時に開かれたものらしい

その松下村塾卒業生には初代内閣総理大臣伊藤博文がいる
その伊藤博文は長州ファイブ(映画)の一人で
長崎で有名なグラバーの助けでイングランドに密航留学していたこと

長州藩は吉田松蔭や小田村伊之助(後の楫取素彦)の主張や
下関戦争の大敗などで
武力の近代化が必要なことを知り
グラバーから最新式の武器を調達していたこと

群馬県に残した楫取素彦の足跡にはどんなことがあるのか
などなど興味深いことが山盛りだ

ドラマではどう展開していくのか楽しみにしている

(2015.1.6)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/07 08:51)

前橋市エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

大河ドラマや朝の連続ドラマの舞台が
観光の人気になっていますが その後
人気を維持していくのが難しそうですね
群馬は富岡製糸と併せて人気になり
そうですね

心惹かれ!

大連三世さん こんばんは!
小生も これまで大河ドラマは見た事がなかったのですが、
何故か今回だけは心惹かれ 観ようと思っております。
録画してたのを今日 第一回目を鑑賞しました
面白そうなドラマになりそうな予感です

No title

昨年にこのドラマのことを教えていただきましたね。
僕なりに勉強をいたしました。
このドラマには興味を持ってみています。
初回の視聴率が低かったのが気になります。

おはようございます

4日、見逃しました
でも再放送があるので録画します
楽しみですね (#^.^#)♪ ♪ ♪。。

おはようございます

見ましたよスタートから
この時代の話は興味ありませんでしたが
今回は見てみようと思ってます。

おはようございます

連続ドラマはどうも続けてみることが億劫で、ほとんどみません
刑事ものが多いヒューマンです

Re.

熊取さん
そうなんですよね。
一昨年は大河ドラマ「八重の桜」で
新島襄の故郷安中市が湧きましたが
今はすっかり元に戻ってます。
今回のドラマで富岡製糸と合わせてどこまで人気を取り戻せるか。
県をあげてPR中です。

Re.

湘南ジージさん
おお そうでしたか。
ドラマの展開を楽しみながら近代史を勉強しましょう。

Re.

三面相さん
初回の視聴率意外と低かったそうですね。
視聴率はともかく自分なりに楽しもうと思っています。
群馬県の歴史も勉強したいですね。

Re.

いかちゃん
八重の桜と同じように、群馬県はサブの舞台のようですが、楽しみたいと思います。

Re.

Imaipoさん
初代の群馬県令なんて全く関心がありませんでしたが
このドラマによって興味を持たされました。

Re.

ヒューマンさん
朝ドラは退職以来習慣になってみてますが
大河ドラマは私も見たことがなかったのですが
今回は楽しんでみようと思います。

こんにちは~。

大連三世さん こんにちは~。
いよいよ花燃ゆが始まりましたね。
山口県は故郷なので、松蔭、晋作などよく知っています。
大体知っていることかと思いながら見て見ると、知らないことばかりでした。
楽しみですね。
群馬のことをもたくさん知ることが出来そうで期待しています。

Re.

筑前の国良裕さん
モデルのいるドラマはその歴史て背景の勉強ができて楽しいですね。
プロフィール

大連三世

Author:大連三世
旧満州国大連市生まれの三代目。
カメラを携えて、自宅周辺、花の名所、里山を歩き回っております。
後期高齢者の仲間入りをして、次第に山から遠ざかってしまいましたが
それなりの楽しみ方を探しながら暮らしています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールはこちらからどうぞ
返信用のアドレスをお忘れなく

お名前:
返信用アドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数